Q.選挙事務所に遊説用の原稿は用意されていますか?
A.無い場合が多いです。候補者のリーフレットから政策を選んで話します。
Q.名前の連呼だけで良いのでしょうか?
A.大通りやビルなどが多い場所では敢えて、名前の連呼にしますが 人通りが多い場所、公園、商店街等では、政策を言わないとアピール出来ません。
Q.知り合いから頼まれました。初めてですが、練習は必要ですか?
A.まず、マイクを持って話すことに慣れることが必要です。 マイクの持ち時間を決めて「その間はずっとしゃべり続ける」のが基本です。
プロの場合は10~15分で交代、初めての方だと2分も持ちませんので名前以外にも話せる事が必要です。
Q.ウグイス嬢にアルバイト代は出ますか?
A.公職選挙法により「車上運動員」として選挙管理委員会に登録された方は法律の定められた上限までの報酬が貰えます。
ボランティアで報酬を頂かなくても、選挙管理委員会への登録は必要です。
Q.学生ですが、ウグイス嬢の仕事は出来ますか? 就職活動に役立ちますか?
A.満18歳以上なら出来ます。 選挙事務所は人間関係の縮図、プロモーション事業の基本だと考えています。
会社の様に縦社会ではなく、それぞれの立場と思いで候補者の応援や サポートをしたい方々が集まります。
お給料も無く、事務所内の運営組織も確立してない場合が多いので様々な事が起こります。
その中での人間関係、コミニュケーションは学ぶことが多々あり学生の社会勉強に大きく役にたちます。
また、候補者と言う商品を有権者にどのようにPRするかが、プロモーション事業と同じです。
過去に私が指導した学生で選挙遊説をした人は、アナウンサー、キャビンアテンダント、証券会社、起業家、広告代理店等に就職しています。
Q.主婦でもできますか?
A.時間の制約があれば、事前にご相談すれば可能です。
特に、生活に身近な選挙ですから主婦の目線や考えが大いに参考になります。
Q.選挙事務所のお手伝いはさせていただけますか?
A.カナリーではうぐいす嬢のご紹介のみで現在は受け付けておりません。